有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

売れ残っている土地。

2018年 12月 07日 (金)

売れ残っている土地を見ると、
「あんまり条件が良くないんだろうなぁ」
と感じる方が多いかと思います。

実際、そうかもしれません。

 

しかし、「あなたにとって」良い土地か悪い土地か、
それは、あなたにしか分からないというのが本音です。

 

売れ残りの土地のメリットとしては、
「すでに周りに家が建っているから未来が分かる」
ということも1つかもしれません。

 

隣の家の間取りや窓位置を確認し、
隣の間取りを考慮しながら、
最適な間取りや窓の位置をプランして、
新しいマイホームを建築することが可能になります。

 

もし、あなたが新しい分譲地を購入して、
誰よりも先に建てることになったとすると、
後から建てる隣の方がどんな家を建てるのか、
そもそもどんな人が建てるのかも分かりません。

 

運が悪かったら、
寝室の窓と寝室の窓が向かい合い、
お互いカーテンが開けられない生活になる。
ということもあるかもしれません。

 

家づくりに限らず、
考え方次第で、「マイナスがプラスになる」
ということはたくさんあります。

 

世間一般で人気が無いものでも、
ぜひたくさん検討してみると、
意外な発見があるかもしれません。

住宅見学会に行くと発見がいっぱい! 

2018年 11月 30日 (金)

マイホームを建てようと検討されているのであれば、ぜひ住宅見学会に足を運んでみてください。 

 

住宅見学会に行くと、実際に完成している等身大の住宅を見ることができます。住宅見学会に行くことでたくさんのメリットがあります。まだどんな家にしようか具体的なプランが無い場合でも、住宅見学会に行くこと、「こんな家が良いという具体的イメージが膨らみやすくなります。 

 

見学会に行ったことならあるよという人も、間取りやキッチンなどだけ見てしまっていないでしょうか。できれば限られたスペースをどのようにして使っているのか、収納スペースや各部屋の導線などはどうやって考えているのかなど、その家のお施主様がどんな想いで間取りを考えたのかなども確認して欲しいです。実際に家事をするとこんな感じで動くなというのを再現して動いてみるのも良いかもしれません 

 

そうするとここはこんな感じになっていたほうが良いなとか、このスペースに収納が欲しいなとか自分の要望がより引き出されてきます。それらをもとにしていくと、より理想の暮らしができるマイホームの案がまとまっていきます。

軒の重要性 

2018年 11月 22日 (木)

マイホームを計画されている場合、軒についても考えておく必要があります。 

 

(のき)は、家の外壁よりも出っ張っている屋根の部分、窓や玄関よりも外側に出っ張っている部分のことを指します。建物よりも外側に出ているということ建物を雨などから守る役割を果たしてくれています。強い雨や雪だけではなく、日差しから建物を守ってくれるのです。 

 

最近では、建物の外観にこだわりすぎるあまり、この軒の部分をあまりとらずにマイホームを考えてしまう人が多いと言われています。軒が短いほうがかっこいいと感じる人もいれば、しっかりあったほうがおしゃれと感じる人もいますので、一概には言えませんが、しっかりした軒があるほうが家を守ってくれることは確かです。 

 

軒がしっかりあれば、雨が外壁に直接当たらないようになりますそうすることで、壁が傷みにくく汚れにくくなります。壁は分かりにくいですが、結構傷みやすいんです。 

 

軒がしっかりあると、夏に涼しく過ごせて冬は暖かく過ごせるという事も分かっています。

建物の構造上、軒が短い家になるケースもあるのかもしれませんが、軒の重要性も知ったうえで家のデザインを考えていきたいですね。かといってあまりにも深い軒を作ってしまうと今度は柱を追加して支える必要も出てきてしまうのでバランスも大切です。

Page 1 of 1412345...10...Last »