有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

スキップフロア

2020年 02月 07日 (金)

 

 

最近の家づくりで注目されている設計デザインとして、「スキップフロア」というものがあります。スキップフロアは半階層ずらして作られた間取りのことを言い、床の高さをずらすことで、部屋を作り出しているものになります。扉や壁はありませんが、床がずれているため1つの部屋(空間)としてみることができます。

 

スキップフロアは狭い土地に家をつくる場合でも広々とした空間を生み出すことができます。壁が無いことで明るく開放感のある家になり、家族のつながりも感じやすくなっています。スキップフロアの取り入れ方の1つとして、リビングをスキップフロアで少し上げ、その下に新しいスペースを作る方法があります。こうするとお子様の遊び場所になったり、子供が大きくなったらちょっとした収納スペースにもなっていきます。

 

スキップフロアの使い方は自由ですので、昼寝スペース、遊び場、収納スペース、趣味の部屋など様々な形で活用でき、部屋も広く見せてくれますので、これからマイホームを建てる予定をされているという方は、スキップフロアも検討されるとよいかもしれません。