有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

巾木(はばき)のメンテナンス

2019年 12月 27日 (金)

 

巾木(はばき)は家の内装に使われているもので、床と壁の境目に使われる部材です。最近では、巾木を使わないデザインの家も増えてきましたが、メンテナンスのことなどを考えるのであれば、やはり巾木を付けることはお勧めいたします。巾木は、どのような色、デザイン、サイズのものを使うかによって部屋の雰囲気が変わりますのでいろいろ検討して欲しいと思います。

巾木は壁を守るために使われています。壁と床の境目に巾木を使うことで傷や汚れができにくくなるようにされています。最近では、ロボット掃除機も多くなりましたので、巾木の存在はより重要になっているのではないかと思います。

巾木はメンテナンスをしなければ伸びたり、縮んでしまったり、浮いて剥がれてしまう可能性があるとされています。新築の間は問題ありませんが、年数が経過していくとメンテナンスが必須です。

もしそのような状態になったとしても、そこからメンテナンスすれば問題ありません。巾木が浮いてしまった場合は、接着剤と釘を使って巾木と壁の隙間を接着します。専門家にお任せすればきれいに修復してもらう事が可能です。放置してしまうと家の傷みが早くなってしまいますので定期的にメンテナンスをしましょう。