有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

打合せのときに注意したいこと。

2019年 12月 20日 (金)

 

注文住宅の打ち合わせは思っている以上に多く、そして長期間に渡ります。予算、デザイン、間取り、住宅設備、壁紙や床などの素材、外壁、窓の種類や数など、他にもまだまだありますが、1つ1つ時間をかけて、しっかり話し合っていくことになります。打ち合わせをどれだけしっかりできるか、そして、自分たちの想いをどれだけ伝えられるかでも、家づくりは大きく変わってくると言っても過言ではありません。

 

まず、何よりも「予算と優先順位」はしっかりと決めておかなければなりません。注文住宅を建てる際によくあるパターンとして、理想や要望を詰め込んでいくと、どうしても予算オーバーになってしまうというということは多々あります。もちろん、余裕がある場合は問題ありませんが、建てた後の暮らしを切り詰めないといけないという状況は絶対にあってはなりません。これでは、何のためにマイホームを取得するのか、本来の目的を果たせなくなってしまいます。しっかり予算を決めて、その中で叶えたいものに優先順位を付けて実現していくということがとにかく大切になってきます。

 

次に、スケジュールの問題があります。注文住宅は打合せの期間に制限はありません。「売り切れる」というものもありません。そのため、ズルズルと打合せが伸びてしまい、気が付いたら最初の打合せから1年以上経ってしまったというお客様もいるくらいです。その要因としては、「次から次に欲しいモノが出てきてしまい迷ってしまう」ということが多いようです。「いつまでに引越しをする」というスケジュールを明確に持ち、逆算で打合せを進めていくことがとても大切になってきます。

 

この他にも、いろいろ注意しなければならないことはあると思いますが、まずは、この2点、「予算と優先順位を明確にしておくこと」、「引っ越す日を決めて逆算でスケジュールを組むこと」を忘れないようにして欲しいと思います。