有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

プランニングについて

2019年 11月 29日 (金)

 

「プランニング」は、家づくりでとても重要となります。同じ大きさの家でも、プランニング次第で「使いやすい家」になることもあれば、「使い勝手の悪い家」にもなってしまいますので、しっかり検討していかなければならないステップになってきます。

プランニングを行う際に、「ゾーニング」という言葉を聞くことがあるかもしれません。ゾーニングというのは、細かいプランニングをする前に、大まかなゾーンを配置する作業のことを言います。例えば、リビングやダイニングはパブリックゾーンと呼ばれ、キッチンや浴室、トイレなどはサービスゾーンと呼ばれます。このように、同じゾーンの部屋は近場にあったほうが良いとされており、各ゾーンをどこらへんに配置するのかといった作業をゾーニングと呼んでいます。

ゾーニングを決める際には、部屋の移動についても考えなければいけません。部屋を行き来しやすくする、生活しやすくするための導線を考えていきましょう。例えば、洗濯ものを干す場所と洗濯機のある場所が離れていると作業が大変です。家事導線も考えてゾーニングしなければなりません。

手あたり次第欲しい部屋を詰め込むのではなく、暮らしやすい間取り、配置をしっかり考えて、プランニング、ゾーニングを行っていただければ、いい家への第一歩になるのではないかなと思います。