有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

注文住宅はどこに依頼する? 

2019年 07月 25日 (木)

 

私たちの暮らしているエリアだけでも、住宅会社はたくさんあります。

大手ハウスメーカーから親方1人でやられている工務店など、その形態は様々です。 

 

どの会社に依頼すれば、家族にとって理想のマイホームを建てることができるのかというと、

それは、それぞれの家族によって違います。ハウスメーカーの建てる家が理想の住まいに近い方もいれば、

大工社長が手作りでつくるお家がピッタリという方もいらっしゃるからです。 

 

ここで、簡単に住宅会社の分類をしてみますね。 

 

・ハウスメーカー 

ハウスメーカーというのは、みなさんもテレビのCMでよく目にする

住宅会社だと思っていただければいいのですが、

基本的には全国規模で展開している住宅会社です。

多くのハウスメーカーは自社工場を持っており、

独自で開発した「工法」や「素材」を使って建てることも多く、

業務的には、設計、施工、販売というすべてを行っている会社です

顧客対応しっかり教育されていて、建てた後のアフターメンテナンスも安心という点はメリットでしょう。

デメリットとすれば「価格が高い」という点があげられるかもしれません。 

 

地域の工務店 

工務店は地域にある小さな会社が多いです。「小さい」といっても様々で、

1人でやっている会社もあれば、50人ほどのスタッフで展開しているような

地域ではある程度有名な工務店も存在します。

販売形態は様々で、自社商品のみを展開している会社もあれば、

完全注文住宅で、お客様の要望を1つ1つ汲み取って作り上げる会社もあるので、

自分に合う会社を見つけたい方は、じっくりいろんな会社を回ってみるのもいいかもしれません。

地域密着ということもあり、地元のことに詳しいことや要望をしっかり聞いてくれるところ、

価格が比較的安く出来るという点でメリットはありますが、デメリットとしては、

会社によって対応も技術力も全然違うので、

しっかり判断しなければならないという点が挙げられるかもしれません。 

 

・設計事務所 

設計事務所は、その名の通り「設計」をメインといている会社で、

多くの場合、施工(実際に家を建てる)は提携している工務店に依頼して行うのが設計事務所です。

設計のプロフェッショナルということもあり、オーダーメイドでデザインに

こだわった家を建てたいという方にはお勧めの会社です。

普通の住宅会社では考えないような間取りやデザインなども得意としている会社も多いのが特徴です。

メリットとすれば「自分たちだけのデザイン」を手にすることができるかもしれません。

反対に、デメリットというと、設計費用が掛かってしまうという点と、

デザイン重視のため「生活のしやすさ」という部分は重視しない傾向があるかもしれません。 

 

 

大きく分類してご紹介しましたが、それぞれのカテゴリーでも会社によって得意な部分が違うこともありますし、スタッフによって会社の雰囲気は様々です。中には、大工出身の設計事務所という会社もあれば、ハウスメーカー出身だけど今は大工もやってますといった経歴の会社もありますので、まずはご自身の目でいろいろ確認してみると良いかもしれません。 

 

 

これらの会社の中から、信頼度や口コミなども参考にして選んでいきたいですね。1つの会社だけでなく複数の会社から見積を取ってみたり、説明を聞いてみるのが良いでしょう。