有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

夏をできるだけ涼しく過ごす工夫。 

2019年 07月 13日 (土)

 

最近では、毎年のように「過去最高気温更新!」といったニュースを耳にするようになってきましたね。

少し昔であれば、エアコンを我慢して扇風機を回したり、

窓を開けて風を室内に取り込むことで涼をとっていたこともありましたが、今は厳しいかもしれません。 

 

そこで、これからマイホームを建てられる方に、

少しでも夏を涼しく過ごしていただくためのポイントをご紹介します。 

 

1.夏の日差しを室内に入れない設計にする。 

 

窓から入ってくる日差しは室内の温度を上昇させてしまう原因となります。

つでおよそ600Wの熱が入り込むと言われているのですが、

600Wの熱と言ってもあまりピンと来ないかもしれません。

電子レンジの600Wなら何となく想像できるかもしれませんね。

とにかく、かなりの熱量があると思っていいと思います。

そう考えると、日差しを遮断すればかなり涼しくなるはずです。

そこでおすすめしたいのが、庇(ひさし)をしっかり作るということです。

もし、庇を作れない、デザイン的に作りたくないという場合は、すだれやブラインド

最近ではオーニングなど熱を遮断できるグッズを採用して、

窓の中側から遮断するのではなく、外側から遮断するようにしましょう。 

 

2.芝生や落葉樹といった緑の活用 

 

庭があるお家では、芝生にしておくと照り返しの熱が遮断されると言われています。

芝生は知識さえあれば、そんなに難しいものではありませんのでお勧めです。

また、落葉樹は、夏は日差しを遮り、冬は葉が落ちて日差しを室内に取り込めるようになるので、

昔から日本では重宝されてきた樹木でもあります。 

 

ちょっとした工夫で、夏の暑さは大分変ってきますので、

ぜひいろいろ検討して、住宅会社にも相談してみて欲しいと思います。