有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

年を重ねる毎に寒く感じるのは気のせい!?

2018年 05月 30日 (水)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の住まいは、新築のときはどの住まいも窓の性能が向上したことや、断熱材を使用することで、ある程度の気密性能が確保できるようになりました。そのことから少しの暖房エネルギーで暖かくなったように感じますが、何年かすると窓に結露が発生する場合があります。

また、新らたな暖房器具が必要になることもあります。入居時はあんなに暖かさを実感できたのに、年を重ねる毎に寒く感じるのは気のせいなのでしょうか!?結論から言うと、気のせいではありません。そう感じてしまう原因は、構造材である木材にあります。

木材は繊維と水分で構成されていることから、調湿作用があります。湿気を吸っては膨らみ、乾燥しては縮み、常に収縮を繰り返しています。繰り返しながら少しずつ乾燥していき、水分の減少と比例して細くなっていきます。

そのため気密性能を保つための工夫を施しておかないと、新築時は高かった気密性が、木材の経年変化で徐々に隙間ができてしまい、何年か経つと日常的に隙間風がおきる従来の建物に戻ります。

木材を構造体とする木造住宅の場合は、軸組工法でもツーバイフォー工法でもその性能を長く保持するためには、やはりきちんとした気密施工が不可欠です。これから家づくりをはじめようと思っている方は、しっかりと確認しておきましょうね。