有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

マイホームのカーテンを洗おう

2018年 08月 12日 (日)

 

窓につけているカーテン、埃や汚れが気になってきますよね。
皆さんはどれくらいの頻度でカーテンを洗っていますか。
大きくて重たいカーテンは、どうしても洗うのが面倒だなと感じてしまうものです。
クリーニングに出すと費用もかかるしできるだけ自宅で洗いたいですね。
そこで今回はカーテンを自宅で洗う方法をご紹介します。

カーテンを洗う前に、まずは洗濯絵表示を確認しましょう。
洗濯機を使用して良いのかどうかは確認が必要ですよね。
洗濯機で洗えるマークが記載されていれば、手洗いコース、ドライコースで洗剤を入れて洗いましょう。
洗濯機で洗えるマークが無くて手洗い可能のマークがある場合、洗濯機が使えないわけではありません。
洗剤はおしゃれ着用を使用して、千洗いコースやおうちクリーニングコースを選びましょう。
家庭での洗濯禁止マークとなっている場合は、自宅では洗濯できないので、クリーニングとなってしまいます。
洗濯機によってコース名は多少違いがありますので、取り扱い説明書で確認してくださいね。

カーテンを洗う際には、カーテンフックを外しましょう。洗濯の際に生地が傷んでしまうので必ず外してください。
カーテンフックが縫い付けてあるという場合は、フック部分をたたんでタオルをかぶせてビニール紐等で縛って
洗濯するという方法がおすすめです。
もちろん一番良いのは糸を外すという事にはなるのですが、大変だと思いますので上記の方法でも対処できます。

洗濯機に入れる前には、埃を払っておきましょう。
そして丁寧に折りたたんで洗濯機へ入れます。
洗いあがりにムラを無くすためにきれいにたたんでください。
できれば洗濯ネットに入れたいのですが、ネットが使用できない洗濯機もありますので、確認してくださいね。

気になる目立つ汚れは、先に落としておきましょう。洗濯機前に入れる前に付け置き洗いするだけで、汚れ落ちが
変わります。

カーテンを洗っている間に、カーテンレールなどを清掃しておきます。せっかくカーテンをきれいにするのですから、
その周りもきれいにしておきたいですね。

カーテンが乾いたら取り付けます。しっかり乾かしてください。
洗濯の目安は年に1回からがおすすめです。

シックハウス症候群と住まいの関係

2018年 08月 06日 (月)

新築物件やリフォーム物件で体に様々な健康被害が出た場合、シックハウス症候群と診断される可能性があります。
症状としては、目が痛くなる・のどがイガイガする、吐き気や頭痛、湿疹が出るなどが挙げられています。
建築材料などから発生されると言われているホルムアルデヒドなどが主な原因とされていますが、
これらの症状があらわれないために、できることはあるのでしょうか。

建築会社なども対策をしていますが、私たちが家を選ぶ際にもできることはしておきたいですね。
下記のようなことを事前に確認しておきましょう。
まずは、住宅を購入する予定のメーカー、リフォームされる場合はリフォーム会社さんにシックハウス症候群の対策としてどのような方法をとられているのか確認をしておくという事があります。
対策をしっかりしてくれているなら安心してお任せできますよね。

それから新しい家に入居した際には、できる限り換気をしっかりするという事も大切です。頻繁に空気を入れ替えて
おきましょう。そうすることで室内の化学物質の濃度を下げることができると言われています。
シックハウス症候群は、家の問題だけではありません。家具や日用品もにおいが強いものだとシックハウス症候群の
原因となるケースがあるのです。
そのため家具などはにおいが強いなと感じたら、風通しの良い部屋に移動させて、においが気にならなくなるまで
室内を換気してください。
これらのことを実践しても万が一症状が出てしまった場合は、病院を受診してくださいね。

住宅会社選びについて

2018年 07月 29日 (日)

住宅会社を選ぶ際、どのように選べば良いのか悩まれると思います。

マイホームを建てるにあたって、住宅会社に依頼をされるのが一般的です。

良い家を建てるため、見学会に参加してみることをおすすめします。

実はこの見学会へ参加することで、住宅会社選びがスムーズにできるのです。

建材や設備などを目で見て確認できますし、説明も聞く事ができます。

複数の見学会に参加していくと、この家は良さそう、微妙だなと感覚的に分かるようになると言われています。もちろん説明も聞いてですが、色々な建材や設備を見ますので

どの住宅会社の家が安心できるのか、というのがつかみやすくなるのです。

建材や設備を見せることができるということは自信がある証拠で、そのような住宅会社は安心できる材料の一つになります。また、実際に使われているものの知識が増えますので複数の会社を見る際に違いが色々と分かります。

良い家を建てるためにとても大切なことですので、足を運んでくださいね。

Page 1 of 812345...Last »