住宅環境が人の健康に関係する? | 有限会社eはうす

有限会社eはうす 有限会社eはうす

スタッフブログ

住宅環境が人の健康に関係する?

2018年 07月 19日 (木)

マイホームを建てる際に、健康的な環境で生活ができるのかという事も考えておきたいですね。

住宅環境が健康に大きな影響を与えると言われています。

例えば室内の温度、これが適温でなければ体の具合が悪くなってしまうというのは分かると思います。

熱中症などもその例ですね。

実は脳卒中や心臓病、リウマチ、神経痛などの病気とも室内環境は大きく関係している事が分かっています。

脳卒中は、寒くなるほど死亡リスクが高くなってしまうとも言われていますので冬は特に注意が必要です。

室内と外の温度差も考えておきたいですね。

もちろん日々の生活習慣や食生活も病気と大きな関係がありますが、快適な環境で生活ができているのかはストレスとも関係しますので、十分病気の原因の1つに挙げられるのです。

住宅に使われる建材なども健康被害に繋がるものがあると話題となったことがありました。

それらも踏まえると、やはり健康的に生活できる住まいを考える必要がある事が分かります。

室内の温度を快適に保つことができるような工夫がされている家は増えています。

寒い冬は暖かく、暑い夏は涼しく、体の体温調整が自然にできるような家にできるように

住宅性能も意識しながらマイホームについて考えていきたいですね。